FC2ブログ

JUNKOさんちで Tea for Two

3ビキのトイプードルとの生活日記。自宅カフェの風景と介護情報をお伝えいたします。

Entries

動物の命

23日(月・祝)、ハッピー ミュージック フェスタ  というイベントに行ってきました。
殺処分されてしまう犬や猫を救う。
殺処分ゼロを目指そう。
というイベントで、今年が四回目でした。

犬と暮らしている人間として、これは大きな問題だと思っています。
人間の無責任なエゴで、毎日毎日物凄い数の犬や猫が保健所で殺されています。
その現状を知ると、本当に悲しくて涙が出ます。

一匹何十万円で、ペットショップで売られている犬がいる反面、
保健所のガス室で殺処分されている犬もいる。
犬の場合はほとんどが、人間が捨てた仔ばかり。
猫は捨てられ、去勢避妊してないため、繁殖し、ノラが増えて、つかまって処分されてしまう。

いづれにしても、全て人間のエゴ。
犬や猫は飼い主を選べない。愛に飢えた仔がどれほど悲惨な犬生、猫生をたどるか・・・・

今シェルターに保護され、里親を待っている犬や猫がたくさんいます。
シェルターをやっている人は、みなボランティアです。
愛情もって育ててくれると思って引き渡したら、一週間後には保健所にまたいたとか、
転売されていたとか、そんな裏切りを何度となく受けたとおっしゃっていた方がいました。

無料だからシェルターにもらいに行くって人は、そんなケースが多い。
本当に怒りを感じます。


動物を飼った時、それはペットではない、ましてぬいぐるみでもないのです。
家族なんです。
家族が、思ったより大きくなっちゃったからとか、飽きたからとか、なんかかわいくないからとか、大変だからとかで、捨てますか?????

私は三匹の犬と暮らしています。
仔の子達がガス室で殺されるシーンを思い浮かべただけで、涙が出て、思わず抱きしめてしまいます。
ダメ~って。。
三匹は「なんですか?」って顔してますけど。

育てる人間の意識。それから、今の日本のペット販売事情こそ問題です。
だいたい、ペットショップで犬や猫を買うのシステムって、日本だけです。
大型ペットショップこを、動物虐待している張本人だと思います。

今、私にできることは、三匹をちゃんと天国に送るまで愛し続けること。
現実里親には今はなれないけど、三匹を天国に届けたら、自分の年齢を考えて、最期まで一緒に暮らせる
年齢の仔の里親になおろうと思います。
一匹でも、処分される犬を救いたいです。

このイベントは、悲惨な状況を伝える方法ではなく、賛同するミュージシャンのコンサートを開き、
そのメッセージを伝えるというものでした。

今回はBONNIE PINK や ジョン・B
そしてそして、私の大好きな、斉藤和義のライブでした。
斉藤和義、盛り上がりました~。良かったです。凄くメッセージが伝わりました。
 
CIMG0024_convert_20130926102755.jpg

CIMG0021_convert_20130926102859.jpg

CIMG0028_convert_20130926102822.jpg
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

JUNねえ

Author:JUNねえ
職業 アロマテラピスト 飲食店経営(9月から)

我が仔3匹のトイプードルとの生活、母の介護、秋にオープンするカフェの話題 忙しくも楽しい毎日の生活の中で感じた、ちょっと楽しいこと、嬉しいこと、大切な人との絆、たまには怒り・・・などなど。日常のたわいもないおしゃべりを綴っています。

最新記事

最新トラックバック